播磨陰陽道

陰陽師には京都系統の「都陰陽師」と、播磨の国の「播磨陰陽師」の二種類の系統があります。 播磨の国は、元々の陰陽師達のふるさとで、同じ系統に属していましたが戦国時代に分離しました。そして、応仁の乱の時に京の都から播磨に戻った陰陽師達の子孫が播磨陰陽師です。
播磨陰陽師は、夢に関してや、武術のことなどに様々な伝承を持ちます。
その伝承を、継承者から直接学べるクラスです。


講師: 尾畑 雁多 (おばた かりんど)

1960年、赤穂浪士の子孫としてこの世に生をうける。先祖代々赤穂武士の間に伝わっていた古式陰陽道を伝承する播磨陰陽師の末裔として、幼い頃より様々な霊体験を通して、一子相伝の秘術を習得する。

古式陰陽道の伝承は、歴史的に「謎の集団」として知られる播磨陰陽師たちのもつ呪術・霊術から武術・戦略や武家の風習にいたるまでの多岐にわたるが、特に 当家の伝承は、古くは物部の祭祀に起因する夢操り・夢伝え等の、独特な夢の世界に関する伝承と、その世界から現実に影響を与え変更すると伝わるある種のノ ウハウを有する。


御式神内(こしきうち)

播磨御式神内(はりまこしきうち)は、播磨陰陽師系統のサムライにのみ伝承されて来た秘伝の古武術です。本来は、心の中で祭文を唱えながら技を使うことにより、複雑な精神作用を発動させる技ですが、まずはそれに至るための基本を学び、身体能力と共に心の力を向上させていきます。

呼吸法を学び、心を鍛え精神力を上げていくと日常生活も変化していきます。播磨御式神内は武術系ですが、いわゆる激しい格闘技ではありません。運動が苦手という方や武術なんて初めてという方でも気軽に参加して頂けます。

 初伝
 料金 初回:3500円、2回目以降:2500円 
 時間:15:00〜17:00 
 中伝
 料金:5000円 ※初伝を9回以上受けた方が対象です。

 時間:10:00〜12:00

よみ合わせ会

古語のよみ合わせ(朗読)を通して、現在失われた、あるいは失われつつある様々な事に触れ、学びます。これにより、概念を得たり、古い言葉やリズムを発音する事などにより、脳と体が活性化されることによる様々な効能もあるそうです。


料金:1800円 
時間:13:00〜14:30

開催日
2月25日(土)

お申し込みは、こちらのサイトからお願い致します。
御式神内研究会
http://kansai-fushigi.jimdo.com/
                             

 



Session - Top ▲