ホメオパシーWS:ファーストエイドキットの使い方

ホメオパシーのファーストエイドキットの使用法の
ワークショップがあるのですが、よかったらご一緒しませんか?

ちょっとした怪我、傷、発熱など、日常生活での急な出来事に
対応するレメディの使い方を学びます。

緊急時に対応できる、ホメオパシーのレメディの救急箱の使い方、
といったところでしょうか?

ホメオパシーのレメディには、以前から興味はあったのですが、
つい先日、通訳でお世話になっているIさんと、やり取りして
いる時に、「私も興味があるので、よかったら一緒に受けてみない?」
とお誘いをうけ、何だかよい感じがしたので、二つ返事で
OKしました。(直感です。笑)

こんな感じで自然発生的に、急遽決まったワークショップですが、
開催にはもう少し人数必要なので、私の方で募集することに
しました。

少人数のワークショップなので、アットホームな雰囲気になると
思いますよ。

講師は、イギリス在住のドイツ人のドリス・ビーチャムさんです。

……………………………………………………………….

ホメオパシー・ワークショップ
~ファーストエイドキットの使い方~

日程:2014年11月29日(土)

時間:10:00~12:00(終了予定)

講師:ドリス・ビーチャム

場所:神戸市内 (阪急電車 岡本駅近く)
お申し込みの方に、詳細をお知らせ致します。

受講料:5000円

募集人数:6名 (残席3名)※定員になり次第、締切ます。

………………………………………………………………

【ホメオパシーとは】

物質を希釈し、波動化したレメディを用いた自然療法です。
物質がなくなり、その物質のエネルギーのみとなった数千種類にも
及ぶレメディを駆使し、治癒に導きだすのがホメオパス。

身体の症状はもちろん、精神の深い層にも作用し、根本治癒を目指し
ます。

近代ホメオパシーは、19世紀にドイツのハーネマンによって確立され、
以来、ヨーロッパでは、人々の生活に広く行き渡っています。

中でもイギリスでは王室保護の下、ホメオパシーが最も発展し、現在、
多数のホメオパスが活躍しています。

その中でも抜きん出た能力と経験を持つ、ドリス・ビーチャムが
半世紀近くに渡る自らの体験を通して語る、ホメオパシーのお話に
ちょっと触れてみませんか?

【講師プロフィール】

ドリス・ビーチャム(Doris Beauchamp)
ドイツ生まれ、ロンドン在住。
英国のカレッジ・オブ・ホメオパシーを卒業後、大学院にあたる
ギルド・オブ・ホメオパシーのコースを終了。
腸内細菌のレメディに詳しく、腸内細菌レメディを使ったメソッドを考案。
主に、イギリス、ドイツ、日本で活動し、講義とコンサルテーションを
行っている。

関連記事

  1. キャサリンと清浄華院 畦先生の対談記事

  2. 【震災支援】 エンジェルスタッフのみなさんへ

  3. ホメオパシーWS、満席になりました

  4. 魔女のお茶会のお知らせ♪

  5. 鎌倉ワークショップ延期のお知らせ

  6. イメージワークとライアーの調べ♪

  7. キャサリンの来日キャンセルに伴う、振替ワークショップ開催のお知らせ

  8. 本年もよろしくお願い致します♪

アーカイブページ

イベント おすすめ記事