8月6日の朝に

早朝、いつもよりも早い時間に目が覚める。
少し雲があるせいか、いつもより涼しく感じられて、
ベランダをふと見ると、
黒い繊細なトンボの羽が、見え隠れするように
優雅に揺れている。

ふわりと飛んでいく黒いトンボを見送りながら、
ここまでトンボが上がってくることは、
滅多にないので、何かメッセージがあるのかな?
とふと思う。

朝食時、旦那さんがつけたTVのニュースを見て、
そうだ、今日は8月6日だった、と思い出す。

祈りの日だよ、と知らせに来たのかもしれないね。

関連記事

  1. 満月の夕に

  2. カバラの72天使

  3. 月の暦

  4. 天使は高い場所がお好き!?

  5. ブルームーン、その後…。

  6. エイプリールに素敵な嘘を

  7. 「もののあわれ」とカバラの天使

  8. 流れ続ける生命

アーカイブページ

イベント おすすめ記事