【ご案内】キャサリン・シェインバーグ来日ワークショップ:ハートセンター 魂で生きる道

ハート(魂)で生きるとは、どういうことなのでしょうか?
そして、私たちがハートで生きることを始めると、何が起こるのでしょうか?

キャサリン・シェインバーグが今年も京都にやってきます。
今年のワークショップの内容は、「ハートセンター:魂で生きる道」。

毎年、イメージを使って、様々な内側の旅に私たちを導いてくれるキャサリンですが、今年はどんな旅になるのでしょうか?

キャサリン来日ワークショップ2018

○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。

本当の意味で夢を見るとは、そしてハートを軸にして生きるということは、
どういうことなのでしょうか?
私たちがハートで生きるには、どうすればいいのでしょうか?

心のままに、つまり魂の望むままに生きるということを、誰もが望んでいるのですが、
なかなかそうはいきませんね?
そうすることを阻んでいるのが、あなたの持つパターンです。
その中には家族(家系)から引き継いだものもあるかもしれません。

このワークショップでは、そのような古いパターンを浄化して、誰もが持っている
創造主としての本来の自分のパワーにもう一度、繋がり直します。

イメージや夢、そして意図を使ったワークと通して、パターンに反応した時の
私たちの内側の動き 【感情→反応(リアクション)→二次的な感情という一連の動き】
にうまく対応し、ハートで感じながら、魂の青写真である核となるイメージを確認し、
本当の自分自身に繋がる、ハートで生きる道を選び取ります。

私たちは一人ひとり、自分の歌を持っており、その振動を帯びています。
その歌とは、私たちの両親が子供を授かった時、初めてその心音を聞いた時、
出産予定日が分かった時、そして名前をつける時に、私たちに向けた祈りであり、
「意図」です。

ワークショップでは、ハートの中心へ戻るために、音、数秘学、チャンティングを使い、
純粋な本来の自分に戻っていきます。この時、自分が何を選択しているかに注目して、
両親の意図や外からの影響を「断捨離」しながら、ハートへの道へ向かうよう
軌道修正をかけていきます。

私たちが背負っていた自我から解放されると、ファンタジー(幻想)と本当の夢見
(イメージ)の違いが区別できるようになります。
そして、最終的には子宮の中で私たちの細胞を形成した、ハート(魂)のバイブレーション、
つまりスピリットの意図を聞きます。

これにより、あなたは自分のただ一つの歌へ再び立ち戻り、
ハートを軸にした魂で生きる道へと踏み出すでしょう。

 

日程 9月22日(土)〜9月24日(月・祝)
時間 9:00~17:00
料金 92,000円(税込)
88,000円(税込)(早割:7月20日までにお申し込み&お振込完了の方)
会場 清浄華院(京都御所近くのお寺)
京都府京都市上京区北之辺町 寺町通広小路上る北之辺町395
持ち物 筆記用具、飲み物(必要な方は)

※はじめてワークショップに参加される方は、事前にイメージワークの入門の
ワークショップ、「カバラと夢見の力」を受講してください。

お申し込みは、こちらのページからお願い致します。>>>
上記のページから申し込めない場合は、下記のフォームをご利用ください。

お申し込みの流れやQ&Aはこちら…

関連記事

  1. イメージワークと夏至の瞑想会のお知らせ

  2. 満月のグループワークのお知らせ

  3. 4月29日@京都【ご案内】陰陽師の教える祝詞講座

  4. キャサリンの来日ワークショップ、終了しました♪

  5. 産休のお知らせ

  6. ホメオパシーWS、満席になりました

  7. ローフード・カフェとのコラボイベントのお知らせ

  8. 3月21日セレモニー@富士山 【延期になりました】

アーカイブページ

イベント おすすめ記事