地震の後に思うこと:ご心配のメッセージをありがとうございました

6月18日の地震の後、たくさんのメッセージをいただきまして、
ありがとうございました。

震源地の高槻市に住んでいますので、かなり揺れました。
でも、夫のお気に入りのワイングラスとコップがいくつか割れた程度で、
大した被害はありませんでした。

水道、電気は大丈夫でしたら、ガスが3日ほど止まりました。
一瞬、困ったな、とは思ったのですが、
電気ケトルに卓上ガスコンロ、それにホットプレートがあったので、
料理は全く問題なく出来ました。

お湯が出ないので、お風呂は無理だなー、と思ってましたが、
夫と息子が、「つめたい〜〜っ!!」と叫びながら、楽しそうに水浴びを見て、
うん、お風呂なくてもいいや、と思いました。(笑

5月末に2泊3日の山伏修行に行ってきたところなのですが、修行中はずっと同じ
白装束でこの身一つで山に入ってひらすら歩く。食事はごく質素なもので、お風呂もなし。
でも、言葉を発さず、静かに自然に身を委ねていると、とても清々しい気持ちになり、
体によい気が満ち溢れてくるのです。

地震の夜に、ふとその経験を思い出して、お風呂には入れませんでしたが、
思い出という温泉にゆったりと浸っておりました。

(山伏修行は2回目でしたが、とても素晴らしい体験だったので、
別の機会に書きたいと思っています。)

たくさんの物に囲まれていると、それが当たり前のように思ってしまいますが、
物がなければないで、何とでもなるもんですね。

随分と前のことですが、アフリカから戻って来たばかりの友人が、
水が貴重な地域にいたので、お風呂でシャワーを浴びたり、掛け湯をしたりと、
たっぷり水を使うのが躊躇われる、と言っていたことや、

ガスが止まった次の日の朝、「えい!」と冷たい水で体を洗ったら、
修行中の禊の感覚が戻ってきたり、
数年前までヨガの先生に、朝、冷たいシャワーを浴びる習慣をつけるようアドバイスされて、
しばらく続けていた時のことなど、色んな記憶が溢れでした時間でもありました。

そして、バケツ1〜2杯のお湯があれば、十分、体は洗えますね。^^

地震の後、息子の野外保育のママ友に教えてもらったのですが、
最も効果的な防災対策は、「断捨離」だそうです。

必要ない荷物で、自分や家族が押し潰されたらかないませんね。
物理的なものもですが、データなどの見えない場所の整理もやっておこうと思いました。
そんな訳で、我が家は、断捨離と家具の配置の見直しの真っ最中です。

余震はほぼおさまったように思えますが、いざという時にサッと動けるよう、
備えておくのは大事ですね。

今週後半は雨が降るようなので、地震の影響で家屋に影響があった方はお気をつけて。

明日は満月。
いつもより、リラックスしてゆっくりと過ごしましょう。

………………………………………………………………………………

【こぼれ話】
ガスが止まっている間、息子の体を洗ってやろうとバケツにお湯を1杯ほど用意した時のこと。
お湯を使って体を洗おうとすると、

「つめたいのがいい〜♪」

と言って、洗面器で浴槽に溜めていた水を自分で汲んで、嬉々として体に水を何度も
バシャーっとかけてました。

「母は君のためにお湯を用意したんだけど、、、、。」という、私の心の声は、
息子には全く届きませんでした。(笑

ガスが来て、お風呂を入れた時も、息子はそっと湯船に手を入れて、温度を確認。
「つめたいのがいいの〜」
と、また言っておりました。(笑

プールと間違えたかな!?(笑

関連記事

  1. 神戸に戻りました♪

  2. 5月5日の富士でのセレモニー

  3. 大晦日

  4. 満月の夜に

  5. 「もののあわれ」とカバラの天使

  6. エクソシズム・セミナー、終了しました♪

  7. あららら…

  8. Gayatri Mantra

アーカイブページ

イベント おすすめ記事