【お知らせ】12月スタート!イメージワーク入門 「カバラと夢見の力」を開催します

カバラとは、古代ヘブライ語で「受け取る」という意味です。
カバラはとても複雑で難解なもの、という印象を持たれている方が多いようですが、本来は、

ただハートをオープンにして、そこにやってくる光(直感)を受け取る

というとてもシンプルな教えです。このクラスでは、短いイメージのエクササイズに誘導されながら、内なる体験を通して、どのようにハートで直感やイメージを受け取るのかを学んでいきます。

太陽と月が同じ大きさになり、世界が再び一つになる時に、
必ず再び原初の言語である、イメージが必要になるだろう

この伝統には、このような言い伝えがあるそうです。

輝く太陽は私たちの顕在意識を、月は潜在意識を表します。太陽が空に輝いている間、目で見ることはできませんが、月も空にあります。つまり、私たちは目覚めている状態で、夢を見る(広大な海のような潜在意識からやってくるメッセージを受け取る)必要があることを意味しています。

今、とても大きな変化の中にいる私たちにとって、じっくりとイメージや夢に注目し、それらが真に伝えようとすることに耳を傾けるのは、とても大切なことかもしれません。

 

プログラムの内容

・ カバラとは?
・ カバラの歴史とリネージュ
・ カバラにおける夢見(ドリーミング)とは
・ ハートの中心でイメージや直感を受け取る
・ イメージワークのエクササイズ
・ 夢の開き方(ドリーム・オープニング)の紹介
・ その他

 

開始日 日程:2020年12月6、27日
2021年 1月10、17日
(全4日間)
時間:9:00 〜 12:00(予定)
料金 38,000円(税込)
※再受講の方は、15,000円(4回)です。
接続方法 Zoomを使用
用意するもの 筆記用具

※Zoomがはじめての方で、使い方の分からない方はご連絡ください。

お申し込みの流れ&キャンセルについてはこちらへ

関連記事

  1. 8月のワークショップ:「カバラと夢見の力」東京は満席になりました♪

  2. 8月24〜26日@京都【ご案内】ジェネオロジー(家系の浄化)のワークシ…

  3. 7月に鎌倉で形態学のワークショップを開催します♪

  4. 【終了しました】形態学Ⅰ:グリッド1〜4をオンラインで開催します

  5. 形態学ベーシックのワークショップを開催のお知らせ♪(2017年1月)

アーカイブページ

イベント おすすめ記事