祈りよ力となれ

リーマ・ボウイの「祈りよ力となれ」。
私を最近、寝不足にさせていた本です。

参院選の少し前に読み始めたこともあって、結構ボリュームの
ある本で、内容もディープでしたが一気に読み上げました。

血塗られた西アフリカ・リベリアの紛争の中で、
ひとりの女性がどう立ち上がり、どう破滅へと向かう国家を救ったのか、
彼女の物語を読み進めながら、今、私たちが直面している平和や権利の
問題に思いを巡らせた時間でした。

関連記事

  1. 大人の時間

  2. 女神たちの時代のために

  3. ボディワークのススメ

  4. 秋分の日に

  5. ボディケア

  6. 自分の感受性くらい

  7. 1.17の日に

  8. 春はすぐそこ

アーカイブページ

イベント おすすめ記事