春分の日に

春分の日は、NZのワイタハ族のテ・ポロハウ長老の
セレモニーが近所の目神山であったので、参加してきました。

前日の天気予報では雨だったのですが、当日は晴れ。
(長老がセレモニーをされる時は、例え嵐が来ていても
必ず晴れるのです。)

セレモニーのあった場所は、大きな磐座がたくさんある場所で、
とても長い命を持つ石に囲まれて、太古の時代のエネルギーに
包まれて、たくさんのライアーの奏でる音とドラムのリズムの
中でセレモニーは行われました。

太古では春分は、自然を許し、自然から許される日。

厳しい冬に多くの人が命を落としますが、この日は命を奪った
自然を許し、そして自然は様々な恩恵を人に与え始める時期なの
だそうです。

バラの花びらを入れた器に、各地から持ち寄られた水を注ぎ、
その水を祝福し、石と大地を清めました。

水を祝福する役割を、長老に突然振られ、ちょっと焦りましたが(笑
太古から伝わる水への祈りをさせて頂き、光栄でした。

便利な街中にいると、ついつい自然の厳しさを忘れがちですね。
山の頂で吹き付ける冷たい風に煽られながら、澄み切った空に
グルグルと輪を描くようにドラゴンが飛来するのを感じながら
色々なことを考えさせられました。

最近はカバラのイメージワークが面白く、それがメインになって

いて、セレモニーからはちょっと遠のいていたのですが、
自然の中で行うシンプルなセレモニーは、やはり好きだな、と

思いました。

残念ながら写真に撮ることは出来ませんでしたが、セレモニーからの
帰り道に、虹が出ました。
自然が、天が応えてくれたようです。


写真はセレモニーの始まりに、祈りを捧げるテ・ポロハウ長老。

関連記事

  1. 女神の復活、統合の時代

  2. ヒーリング・ドリーム

  3. 8月6日の朝に

  4. 今朝の音楽

  5. ゆく年、くる年

  6. 流れ続ける生命

  7. 女神のダンス@Elemental Alchemy Earth 

  8. 祈りのワーク:3.11

アーカイブページ

イベント おすすめ記事