「もののあわれ」とカバラの天使

6月頭に九州に行った時期に、
ちょうど播磨陰陽師の尾畑さんの
クラスがあったので、参加してきました♪
御式神内(こしきうち)という
古武術の初伝に参加したのですが、
アドバンスの方ばかりだったで、
通常よりもちょっと濃い内容となりました。
クラスの中で尾畑さんが「もののあわれ」
についてお話をされたのですが、
その内容がカバラにおける
天使の概念と似ているなと思いました。
尾畑さんは、「もののあわれ」を
こう説明されています。

……………………………………………………………..

心の中にある「力の根源」とは……例えば、
「希望」とか、「感動」とか、
「恋する気持ち」とか、「夢見る気持ち」
と言った感情の中にあります。

これらの感情は……昔は、
「もののあわれ」と言う言葉の中に、
含まれていました。

この「もののあわれ」を、
辞書で引くと、

平安時代の文学をとらえる上での、
文学理念美的理念。
外界としての「もの」と感情としての
「あわれ」とが、一致する所に生じた、
調和的な情趣の世界をとらえて言う。
本居宣長が指摘し、その最高の達成が
源氏物語であるとした。

 ……と、あります。

ちょっと、説明の言葉が小難しくて……
すぐには、分かりませんが……
これは、ひとつは、
「しみじみとした味わい」のことです。

そして……心ひかれ、慕《したわ》わしく……
とても愛《いと》しいと言う、
気持ちのことでもあります。
このような感情が、心の中に湧いた時……
人は、ドキドキして……
不思議なほど、わくわくし……
そして、それらを望み、
求めるようになります。

……………………………………………………………….

これを聞いた時、師匠でカバリストである
キャサリンが、
「天使とは、
 人々が光に向かおうとする意図のこと。」
と説明していたことを思い出しました。
天使と言うと、美しい人のような姿だけど、

白い翼があって、白い服を着て…、
という姿を想像される方多いと思うのですが、
私はこの「人々が光に向かう意図」と言うのが
とてもしっくりと来たのを覚えています。
「必ず光を選びなさい」
ワークショップやレッスンの中で、
師匠が生徒によく言う言葉です。

関連記事

  1. いそがしい あなたへ

  2. カバラの72天使

  3. 屋久島へ

  4. 祈りよ力となれ

  5. 久しぶりの東京出張でした♪

  6. 善行と悪行を超えた野原であなたと会おう(ルーミーの詩)

  7. 立秋ですね

  8. 大晦日

アーカイブページ

イベント おすすめ記事