形態学 Ⅰ(グリッド1〜4)

~ 形の語る真の意味とは ~

形には意味があります。
身体のタイプ、顔つき、手を観察することで、人が持つ傾向や資質を知ることができます。
形態学は、体を観察し、その形が何を語っているかを紐解き、読み取る、体をリーディングする方法を学ぶワークです。

人間の顔や体は、たくさんの異なる形で構成されています。
それらの形を見たり、体という形の中に住むことは、私たちに様々な影響を与えています。

…もしあなたが直線的で角張った体の住人なら、
丸みを帯びた体の住人とは、感じ方や考え方や行動が違ってくるでしょう。
…もしあなたが鼻の穴が大きい丸い鼻の持ち主なら、
鼻の穴が幅の狭いつんと尖った鼻の人よりも深い呼吸をしているでしょう。
呼吸の深さは、私たちの感情や考え、そして健康状態に影響を与えています。

形態学は自分や他者をより理解し、受け入れるために形の意味を知るだけでなく、他者と調和しながら応答し、行動することが出来るようあなたを導くボディワークでもあります。

形態学には体を観察する時のポイント(グリッド)は全部で12あり、この区分はゲマトリア(数秘術)と関連があります。上達すれば、まるで占星術のチャートを読むように、目の前にいる人の持っている資質や傾向が分かるようになるそうです。

料金 48,000円 (3日間)  ※再受講の方は、1日5000円で参加して頂けます。
時間 9:00〜16:00
持物 筆記用具、飲み物など

このワークショップでは、形態学の基礎となるグリッド1~4について学びます。

形態学:イントロダクション&グリッド1

・ 形態学とは
・ 12のグリッドについて
・ 鑑定と形態学の違い
・ グリッド1

形態学:グリッド2&3

・ 直線と曲線
・ ミラーイメージ
・ インナー・フレームとアウター・フレーム
・ 顔の3つの区分
・ ボディタイプ

形態学:グリッド4

・ 4つの気質
・ 4つのエレメント(元素)と身体
・ グリッド1~4を使ったリーディングの実践

ワークのリクエストやお問い合わせはこちらから